チャップアップ

チャップアップの副作用!あるとすれば3つのトラブルが考えられる!

更新日:

皆さんが考える理想の育毛剤ってなんですか?効果が高い?副作用がない?サポートが手厚い?

数ある育毛剤の中で、このすべてを兼ね備えている商品、それがチャップアップ。

ホント??なんて疑っているあなたにこそ、読んでいただきたいのが以下の記事です。

チャップアップにはどんな成分が配合されている?

チャップアップにはセンブリエキスなど薄毛改善や育毛促進を期待できる成分が配合されていますが、そのほとんどは天然由来のもの。香料・着色料は無添加で、刺激性はありません。

また、ジフェンヒドラミンHCやローマカミツレなど抗炎症成分が含まれており、薄毛や脱毛の元凶となる皮膚トラブルを防ぐ役割を果たしてくれます。さらに、ヒオウギ抽出液などの保湿成分も入っているので、頭皮の乾燥を解消してくれるのです。

効果の裏には副作用?販売元の見解を調べてみた!

チャップアップには、育毛に期待が持てる成分が数多く配合されていることがおわかりいただけたと思います。

口コミでもチャップアップ人気は不動ですが、効き目があるということは副作用もあるのでは?と心配する声も少なくありません。

この点、販売元はどのような見解を示しているのでしょうか。気になったので、公式サイトを探ってみました。

公式サイトには副作用についての記載があった!

効果だけを謳って肝心の副作用については目をつぶっているのでは?そんな疑いを持つ方もいらっしゃるかもしれませんので、ここはしっかりと検証していきましょう。もし、販売元がリスクについても示しているなら、信頼できますよね。

販売元が副作用について答えているのは、「よくある質問」のページ。以下の記載がありました。

以下の場合はご使用にならないでください。

・頭皮に傷やはれもの・湿しん・かぶれ・ただれ・色素異常などがある場合。
・使用中、赤み・はれ・かゆみ・しげきなどの異常があらわれた場合。
・使用後のお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合。

チャップアップを使うということは、ここに挙げられているような皮膚トラブルのリスクもあるということでしょうか?

チャップアップ使用中に想定される副作用と対処法

では、チャップアップを使用する際に考えられる副作用について、詳しく見ていきましょう。公式サイトに記載されている副作用以外に想定されるケースも検証していきますよ。

①アレルギーによる皮膚トラブル

チャップアップに含まれているのは、ほとんどが天然由来の成分。さらに無添加、無香料にもこだわり、副作用のリスクを極力抑えているはずなんですが、皮膚トラブルに見舞われる可能性もあるんですね。

チャップアップは様々なエキスが含まれているため、体質によって、または体調によって、その成分のいずれかにアレルギー反応が出る可能性も考えられるようです。

しかし、自分に合うかどうか心配な方は、パッチテストを行えば大丈夫。

パッチテストの方法は簡単です。二の腕など正常な皮膚にチャップアップをわずかに塗って放置し、24時間後くらいに肌への刺激がないかを確認します。

万が一、かゆみなどを感じた場合、チャップアップに含まれている何らかの成分が体に合わないと判断できます。

その時は、販売元に連絡したうえで返金制度を利用して購入代金を返金してもらうとよいでしょう。

②血行改善によって感じるかゆみ

かゆみというのは原因が特定しにくいものです。アレルギーによって起こる場合もあれば、血の巡りが良くなったことでかゆみを感じるケースもあるからです。

体が温まると体がムズムズすることがありますが、あれは血行が良くなったために生じる感覚。

前述したようにチャップアップには血行を促進する成分が含まれていますので、もしも使用中にかゆみを感じたら、頭皮が活性化しているサインかもしれません。

他の皮膚症状がなく、かゆみだけ感じる場合は、すぐに「アレルギー性の副作用」と判断するのではなく、しばらく様子を見てみると良いでしょう。

それでも気になる場合は、販売元に電話で問い合わせてみてください。チャップアップには、購入後の相談やサポート専用のダイヤルが用意されているので安心ですよ。

③使い始めに起こりやすい初期脱毛

育毛剤や発毛剤を使ってしばらくすると「抜け毛が増えた!」という体験談、意外と多いんです。

せっかくスカルプケアを始めたのに!とショックを受ける方もいるようですが、この症状、実は初期脱毛といって副作用ではありません。

育毛成分によって毛髪を作り出す毛母細胞が刺激されると、これまで生えていた弱い毛髪が抜け落ち、新しい毛髪が生えてくる準備が始まるのです。

この時、一時的に脱毛量が増加します。これが初期脱毛なんですね。

初期脱毛は、発毛剤を使用した場合に発生しやすい状態。発毛剤とはより優れた効果が期待できる製品で、その分、副作用のリスクも高まります。

チャップアップは育毛剤に分類されますが、初期脱毛が生じるケースもあるよう。

これについてチャップアップの販売元に聞いてみたところ、「使い始め一ヵ月程度で、髪の抜ける量が増えるケースは少なくない」とのことでした。

とは言え、「これは一時的なもので、チャップアップの使用を継続していけば健康的な毛髪の育成につながる」という回答も得られました。

知ってました?発毛剤は医薬品!育毛剤は医薬部外品!

ここで少し脇道にそれますが・・・。さきほど登場した発毛剤についてもご説明しておきましょう。

発毛剤は医薬品に分類されます。病気の診断や治療、予防を目的としたもので、高い効果がありますが、副作用のリスクも否定できません。

一方、チャップアップに代表される育毛剤は、効果が緩やかで副作用のリスクが低い医薬部外品。厚生労働省が効果を認めた有効成分を含んでいますが、重大な副作用を発症する危険はほぼ無いと言えるのです。

チャップアップの副作用リスクはほぼ無しと判断!

ここまでチャップアップの副作用について詳しく見てきました。

成分や薬機法の分類からいっても、チャップアップの副作用リスクは低いと考えて良さそうです。育毛剤を使うことで健康に影響があるのではと気にする方にこそ、おすすめできるのがチャップアップ。

万が一、アレルギー反応が出たとしても返金制度があるので安心ですね。商品やスカルプケアに関する相談にも丁寧に対応してもらえます。気になることがあったら、販売元に相談してみると良いでしょう。

-チャップアップ

Copyright© ※使って真実が見えた!チャップアップが効かない人はたぶんこんな人 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.